スポンサードリンク

美容整形外科と審美歯科、矯正治療の話 > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


過去の矯正治療で歯根が切断!?

面談の場で、自分の歯のレントゲン写真を見せられた。
ドクターはそこで気になることがあるという。

実は前歯の歯根が極端に短くなっている部分があるというのだ。
私はすぐにピンときた。
おそらく、過去の歯科矯正治療で無理な力が加わったせいだ。
ドクターもその見解に同意した。
現在は何の支障もないが、将来、歯槽膿漏になった場合に歯が抜けてしまいやすくなるという。

指摘された前歯の歯根は、他の歯とは違い、まるでカッターで切ったように途中でスパッと途切れている。

確かに10代の頃に受けた矯正治療は幼い自分の記憶から見ても、ものすごい力を長期間に渡って歯に加え続けてきたと思う。
あんなことをしたら人体に害が残ってもおかしくはない。

正直、私の心には過去の矯正治療に対する怒りが込み上げてきた。
ドクターも私の気持ちを察して、当時のやり方と現在の治療方針の違いを説明し、なるべく前歯に負担の掛からないよう注意して治療することを約束してくれた。

歯科矯正治療のやり直し

面談をしたドクターは50代くらいの女性で、教授と呼ばれていた。その横に30代くらいの男性のドクターが待機している。
実際の治療はこの男性のドクターが行うとのことだった。
何枚かのレントゲン写真と、石膏で作った歯型の模型を見ながら話が始まった。

まず、10代の大半を費やして行った矯正治療の成果も虚しく、下顎が上顎より5ミリ近く前に出ており、十分に外科手術に値する症状であること。従って、これからの治療はすべて保険診療扱いになることの確認がされた(つまり3割負担で済むということ)。

次に治療のスケジュールを説明される。
私の場合、下顎の歯列の幅が上顎の幅より大きいために、前後の調節だけではうまく噛み合わせが作れないらしい。
よって、まず最初に上顎の歯列を左右に拡げる治療を行う。

この治療は、上顎の両側の奥歯に装置を嵌めて、それらの間にねじのような器具を取り付け、そのねじを毎日少しずつ回して顎の外側に向かって力を加えていく。

この時、うまくいけば頭蓋骨の上顎の部分の中心が左右に割れて拡がるらしい。これは元々頭蓋骨というのは左右別々の骨でできていて、それが大人になるにつれてひとつにくっついていくものだからだそうだ。ただ、ある程度年齢がいってしまっていると、頭蓋骨が完全にくっついてしまって左右に割れず、奥歯の歯列だけが外にずれてしまい、そのまま行くと歯が歯槽骨から落っこちてしまうとのこと。

私の場合、まず年齢的に微妙な時期であったので、この点がクリアできるかどうかが、治療の成否に大きく関係するそうだ。

歯槽骨さえ広がってしまえば、あとは1年くらいかけて歯列を整えて、外科手術となる。
外科手術で顎の骨をずらした後で噛み合わせがぴったりくるように調節するため、外科手術の直前はかなり不自然な噛み合わせになってしまうらしい。

外科手術は、全身麻酔で行い、切開は全て口の中から行うので、顔には一切傷が残ることはないらしい。

手術終了後は、また1年くらいかけて顎の状態が安定するのを待つ。どうしても人工的に顎の骨を動かした後は、周囲の筋肉が顎を元の状態に戻そうとする力を加えるため、時間をかけて慣らしていく必要があるらしい。この時には接着式の装置は付けずに、取り外しできる装置を付ける。そして段々と時間がたつにつれ、装置を付けるのを夜だけにしてゆき、術後1年くらいで完全に装置なしの生活に戻るらしい。
(つづく)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。