スポンサードリンク

美容整形外科と審美歯科、矯正治療の話 > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


外科手術まで2年間の矯正治療

そんなわけでたくさんの不満や疑念を抱えつつも、2度目の矯正治療が始まった。
通院は毎月1〜2回。平日の昼間なので、なかなか会社員の人には難しい時間帯だ。私は平日に休める仕事だったので良かったが。

治療内容は、定期的にワイヤーを締めて歯を動かしていくという昔ながらのやり方だ。
最初は上顎の幅を広げる装置を付け、3日おきくらいに真ん中のねじを回して力を加える。
そして1ヶ月後、診察に行った時にドクターの顔が曇った。
頭蓋骨が開かずに、歯だけが歯茎からズレてしまっているという。
やはり年齢が行き過ぎていたようだ。
頭蓋骨がすでに完全に固着しており、左右の合わせ目が開かなかったらしい。
これはもう、何度やっても無理とのことだった。

結局、歯槽骨そのものの幅を広げることができない以上、歯の位置をずらすことで対応するしかないとのこと。
矯正後の状態がそれだけ不安定になることを意味する。
残念だが、これも運命と諦めるしかなかった。
ただ、もう少し早く正しい情報が得られていれば・・・・

私の場合、外科手術前の歯並びを作るまでに2年近くかかった。
歯石の溜まりやすい体質で、歯茎も落ちやすいため、毎回歯石を落としながらの矯正治療だった。
手術前は、歯の噛み合わせ状態が一時的にとても悪くなるため、ものを食べるのに苦労する。
手術の半年前くらいに、入院日程を組んで、再度説明を受ける。
私の手術は9月の上旬に決まった!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。